邦彦の”気分上々”パチンコマニア 2007年10月

ある時はパチプロある時はライター 銀玉をこよなく愛する男の奮闘記

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらばヤマト2
以前も話したが、『大ヤマト2』の設置期限が迫っている。

今日は夕方から時間があったんで、改めてヤマトの別れ打ちをしてきた。ちなみに貯玉再プレー手数料無料だ。

今思えば比較的シンプルな予告やリーチ。

結局これくらいが万人に好まれるのではないだろうか。

っていうか、データを採る立場としては、これくらいの演出量が好ましかったりする。

07.10.30
そういうわけで、もしかしたらお金を懸かけて見る最後の「大ヤマト砲正面」。

上皿に玉が3個しかなく、足元に玉も落ちてないので、万一の場合、玉を借りる相手まで考えといたのにハズレた。

最近打った機種
大ヤマト2
おさかなアイランドH3-T
スポンサーサイト
気持ちいい
今日初めて『花の慶次』を終日打った。

正直時間効率が悪いので(まだ計算してないんだけど、多分時間1.7~1.8回くらいかな?)、喰える機種ではないと思うけど、打ってて気持ちがいい。

特に気持ちがいいのが、馬が門を破ったり、ボタン連打で敵を蹴散らすところだろうか。

演出とわいえ、ボタンの使い方次第で、打ち手を引きつけることができるんだなと実感した。

だって、ボタンを押してオムライスが出てくるような演出じゃ、人をひきつけられないでしょ。

最近打った台
花の慶次
ST機はアツい
今日『パトラッシュRED』を打ってて思ったのだが、回数切りの確変はアツくさせてくれる。

まさに、保留玉連チャン機に近い興奮が味わえるのだ。

ただし、ハネデジのST機はいまひとつ。やはりドル箱一杯分の出玉がないともの足りない。

スペックの流行ってあると思うのだが、今主流の大当り確率1/300程度で、確変55%程度の機種。そしてハネデジもそろそろ飽きられる頃ではないのだろうか。

ならば、パトラッシュのような、確変突入100%で確変回数切りの機種が次に流行らないだろうか。

ゲーム性も簡単で、誰にでもできるので、ハチンコ離れした人々や新規の人たちを呼び込むにはもってこい。

『ハイパー海物語』が出たばかりで言うのもなんだが、次回の海はSTスペックで出して欲しいものだ。

最近打った台
花の慶次
パトラッシュRED


太い風車
自宅の『大海物語』を眺めていたら、盤面左右の風車の形状が若干違う事に気づいた。

07.10.24 07.10.24.1
左の風車      右の風車

形状が違うと言っても、左側の風車の表面が太くなっているのだ。

多分玉がたくさん当たると風車は太くなってしまうのかな?

確かにホールに設置されている古い台の風車は、太くなってるような気がするのだ。

だからといって、玉の挙動に大きな変化が加わることもないだろう。

いや、もしかしたら多大な影響を与えているのかな?

とりあえず明日以降ホールに打ったら、風車の太さを見てみようと思う。

最近打った台
球界王ZTB
ハイパー海物語MTA

イヌがイタ
パチンコを打っていたら犬がいた。

それも中型犬が。
07.10.20

子連れの入場はマズいが、犬連れは問題無いはず。

耳を下げているのは、とてつもなく騒がしいからだろう。

最近打った台
歌舞伎剣
スーパー海物語M55W
スーパー海物語SAE
ショックボーイズ

先輩の仇
ここ数日お風呂やトイレに入っても、「ポンポン ポポンポン 黒ひげポーン」というメロディーが頭の中から離れない。

分からない人に説明すると、京楽の新台『黒ひげ危機一発』の大当り中に流れる歌だ。ちなみに歌ってる人は松崎しげる氏。

ここのところ、半日くらいの時間があればこの『黒ひげ危機一発』を打っている。

なによりこの台は気持ちがいい。あの「ドッカ~ン」がたまらない。

『歌舞伎剣』と同じくらい好きになっちゃったのだ。

そんな楽しい台も、バトルタイプの為、展開が悪いとハネデジとは思えない負け方をしてしまうこともある。

噂によると、そんな不運が名古屋の先行導入に行っていた、ゼットン大木大先輩に降りかかったらしい。

まさかゼットン大木大先輩が大敗するとは、明日は我が身。

心して『黒ひげ危機一発』との戦いに挑んだわけなのだ。

そして
07.10.16.1 07.10.16.2
「ドッカ~ン」、「ドッカ~ン」と黒ヒゲが飛びまくり!

ゼットン大木大先輩!『黒ヒゲ』の仇は僕がとりました!ゼットン大木大先輩の負け分も僕が取り返したんで、安心してください。

う~ん、我ながらよくできた後輩なのだ。

最近打った台
黒ひげ危機一発
歌舞伎剣
がんばれ高津
今月下旬に登場する『球界王』の担当になり、羽根物の『がんばれタブチくん』にハマリ、先週は古田の引退試合で涙して、クライマックスシリーズを観てアツくなるなど、ここのところ野球三昧。

そんな日々、僕にとって衝撃的にニュースが飛び込んできた。

高津、ヤクルト解雇!

はっきり言って、このニュースを耳にしたときは、かなり驚いた。

成績がモノをいうスポーツの世界。球団が不要となった選手を解雇するのは、仕方ないというか当然だと思う。

だけど、日本記録である286セーブを挙げ、日本シリーズには通産11試合登板して、失点ゼロ。間違いなくヤクルトの功労者である。

そんな選手を、シーズン終了後に解雇して、ファンが見届ける機会もなく去っていく。

はっきり言って、ヤクルト球団の配慮の無さにはどうかと思うし、怒りすら覚える。

ぜひとも、来期高津選手が他球団に行ったなら、がんばってほしいと心から思うのだ。

なにしろ僕は高津選手の大ファン。

どれくらいファンかというと
07.10.14
サインに僕の名前を入れてもらって、サランラップで包み部屋に飾ってるくらい高津選手が好きなのだ。
僕にとってはとても貴重なモノなので、ホントは額装くらいしたいのだが、このへんでちょっとケチな性格が出てしまうのが、悲しいところなのだが。

最近打った台
スーパー海物語SAE
海百景FT
スーパー海物語in沖縄MTA
黒ひげ危機一発
大海物語M56


さらばヤマト
先日『パチンコ必勝ガイドスペシャル』で連載している、「ハズレの美学」に使えるデータでも採れればと思って、新台を打つ気でホールに行ったのだが、なぜだか打ったのは「大ヤマト2 ZF」。

実際のところ、新台で打てるレベルの台が無く、唯一打てそうなのが海かヤマトだった話なのだが。

それにしても1/500の台はいい!

なにしろ「ヤマト」は突確や突時といった面倒なものは無く、当たれば15R、約1800個の出玉が連チャンする。

ハマルときはとことんハマル。
むしろハマル気合が無いと打ってられないので、1000回ハマリくらいは想定内だ。

久々の当りが単発だったときの脱力感。

引き戻せる気がしない時短。

なんとも男気のある台だ。

そんなわけで、久々に「ヤマト」を1日中打っていて気づいたのだが、しっかり営業してるホールでは、すこぶる稼動がいいのだ。

まあ、1日張り付いて打ってるのは僕しかいなかったのだが、夕方前くらいからは代わる代わるほぼ満席状態。夜なんかは、それとなく空台を待ってる人までいたのだ。

そんな「ヤマト」もそろそろ設置期限が近いらしい。

このスペックの台は続々登場したが、まとまった台数で今でもしっかり稼動してるのは「ヤマト」くらいだろう。

そう思うと「ヤマト」が無くなれば、実質的に1/500の台はほとんどホールから姿を消してしまうだろう。

今は1/300くらいの台が主流になってるが、たまには「ヤマト」のような荒い機種が打ちたくなる。そう思うと寂しい限りだ。

そんなわけで、おそらく最後となる「大ヤマト2」を満喫したのだが、「ハズレの美学」に使えそうな新台のアツいハズレは全く収集出来なかった。そりゃ当然だ。

なんとも担当編集に合わす顔が無い。

さらば「ヤマト」ってことで、ヤマトのアツいハズレは採用してもらえないだろうか?

最近打った台
大ヤマト2 ZF
がんばれタブチくん
クロひげ危機一髪

今じゃ無理!?
パチンコの歴史をみてみると、時代が許した緩さってのがあったと思うが、今はホント厳しいと思う。

07.10.9.1 07.10.9.2

07.10.9.3 07.10.9.4

おそらく今後こんな演出の台はないと思うと、寂しい限りだ。

最近打った台
ビッグシューターV
1日2度号泣
今日は原稿を書くために、昼間からパソコンに向かうも、ふとテレビをつけたら「余命一ヶ月の花嫁」という、24歳にして乳がんに侵されてしまう女性のドキュメントをやっていたので、思わず見入ってしまう。そして最後には感動のあまり号泣。

夜は古田の引退試合をテレビで観戦。佐々岡との対戦や、石井、高津とのバッテリー、最後の引退セレモニーなどで感動のあまり号泣。

大人になって1日2度も号泣したのは記憶にないし、かなり疲れてしまった。

おかげで、原稿は全く進まなかったのだ。
基本はセンター返し
大一の羽根物「がんばれタブチくん」を打ってきた。

参考までに簡単な役モノデータ

鳴きに対するV入賞率 1/80.3
拾いに対するV入賞率 1/26

初打ち1台のみなので、このデータが良いのか悪いのか分からないが、3時間打って8千円負け。

このデータが普通だとしたら、ファインプレー並みに役モノが辛い台になるが、帰宅後ガイドに掲載されている実戦データと照らし合わせてみたところ、今日のデータはかなり悪いようだ。

所見の感想としては、役モノの個体差がかなりあるんじゃないかと。そういう意味では、まだ導入されて1週間経ってないので、現段階での大当り回数の多い台をチェックしておけば、後々役に立つのではないかと。

良い役モノの判断基準は、センター返しのバッティングがしっかりできること。広角打法はダメなのだ。

そして、SPルートだが、この台はレレレやイヤミと違って、遅く羽根に拾われた玉のほうがSPに行きやすい。

なので、羽根に拾われた瞬間に、玉がもたつけば、それだけSPルートに行く可能性が上がるので、デキ良し台と言えるかもしれない。

ただ、ノーマルルートの場合、素早く玉が流れたほうが、バッティングのタイミングが合いやすく、センター返しの確率が上がるような気がする。

そういう意味では、中途半端に玉がもたつく台はダメな役モノと言えるだろう。

あとは、気になるV狙いだが、Vゾーンが動いてるだけに狙いたくなるところだが、どうだろうか?

もし僕が近いうちにトヨタのセルシオを購入したら、きっとV狙い打ちが成功したと思って間違いないだろう。


最近打った台
がんばれタブチくん
スーパーブンブン丸9AX
それゆけエリちゃん
ぱちんこジョーズ

トレジャーバトル
現在発売中の「パチンコ必勝ガイド 11月4日号」にて、「発掘トレジャーバトル」という新連載を、かおりっきぃ☆とイシワタ氏と共にやらせてもらってます。

そんなわけで「パチンコ必勝ガイド」よろしくお願いします。

極力立ち読みはしないで、買ってくれると嬉しい限りです。

最近打った台
ビッグシューターV
古田最後の勇姿
本日っていうか、厳密に言うと昨日だが、神宮球場に野球観戦へ。
07.10.04.1
この画像の打者は金本。はっきり言ってわからない。

07.10.04.2

07.10.04.3
消化試合でビジターだっていうのに、阪神ファンの熱気は相変わらず凄かった。ちなみにライトスタンドは満席だ。
07.10.04.5
そしてヤクルトファンも阪神ファンも、一番盛り上がっただろう代打古田。小さくてピンボケしてるのでわかりづらいが、ライト前ヒットを打って1塁に向かって走る古田。多分僕が生で見る、現役最後の古田だと思うと、少し切なかった。

そんなわけで、パチンコとは全く関係ない話になってしまったが、実は、今月下旬に西陣から登場する「CR球界王」を担当する事になったので、その事前調査のために野球視察に行ってきたわけなのだ。

なんて理由にしたら、今日のチケット代や飲食代も必要経費ってことになるだろうか?
まぶしい
最近のパチンコ台から発する光は、かなりいまぶしい。

実際の店内はそこそこ明るいので、あまり気にならないが、自宅程度の明るさだと、まぶしさ攻撃がかなり強烈なのだ。

もしパチンコ店の照明がパチスロコーナー並みに暗かったら、昔のポケモンみたいに、気分が悪くなる人が多発するんじゃないかと思う。
07.010.03
部屋を暗くしてみると、こんだけ光りまくってるのだ。見た目はきれいだが、至近距離にいるとかなりキツイ。

なぜこんな話をするかというと、先日自宅でパチンコを打っていたら、ちょっと気分が悪くなってきたのだ。

まるでポケモン見て気分悪くなった子供と一緒じゃないか。

最近打った台
スーパーブンブン丸9AX
ぱちんこまことちゃんSTH2
ワンダフルポリスR
ウルトラQ
チビ太のここで一発J10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。